言い出しっぺのヤスと大介のふたりが蜂のように飛び回り、瓢げ市に参加する表現者たちのもとを訪ね、思考をディグる連載「ディグッテハニー(仮)」。

VOL.0の今回はYAMさんを連れて、BOOKNERD店主・早坂 大輔さんのもとへ。2017・18年に八戸、2019年に盛岡で開催し、今年で4年目を迎えた瓢げ市がオンライン開催することについてアイデアを話し合う。テーマは「瓢げ市 of whom, by whom, for  whom」。

ややもすると例えば大きな変換機 なこれから続く世界をアクティベート術を模索する思考の着火剤的な中編を経て、この現状(体制)から〜のかすかな気づきは想い、願い、行動するのさ。激しい風を追い風に!「後編。」のはじまりはじまり〜。

​​<初編はこちら>

​<中編はこちら>

《対談者プロフィール》

吉島 康貴(ヤス)

6かく珈琲 店主。

瓢げ市 言い出しっぺ。

https://hyougeichi.thebase.in

早坂 大輔

盛岡市のインディペンデント・ブックストア「BOOKNERD」店主。 本屋だけに留まらず、イベントの企画運営・出版・ショップのブックセレクトなど幅広く活動中。

http://booknerd.jp


YAM

アーティスト/表現者/自由人

PEACE LAND主宰

https://www.facebook.com/peacelandia

金野 大介

Heg.  主宰

「ポジティ部」「クリエイティ部」主将

座右の銘は「野風増で居続けてもいいですか?」

衣料品販売を主軸に営みながら、ご縁で繋がった皆々様(企業から個人まで幅広く)からのご依頼、ご要望に、いつも身を乗り出して特攻隊長よろしくお応えしております。

https://www.hegood.jp

Text by 宮本 拓海

https://takumiyamoto.tumblr.com/

フリーランス/企画・編集・執筆

1994年生まれ。岩手県奥州市出身。2019年よりフリーランスとして活動中。

瓢げ市と政治

大介 結局なんだかんだ、カウンターって呼ばれている人達、左翼の人達っていうのは依存しているんじゃないかと思っていて。「いつまで期待しているの」って思うんだよね。わかっているくせに文句言って、揚げ足ばっかとるのって、後出しジャンケンでしかないから、なんか気持ち悪いなって。じゃあ自分がまず前行って、動いてみろよって思うんだよね。でも叩かれるのが嫌で批判に回っているのがめんどくさい。

早坂 こういう危機感に陥って、やっぱり野党というか、カウンターの決壊が起きてしまっていますよね。既得権益を崩そうとする人が現れないっていう。みんな結局ただ政治に対して文句を言って、税金をもらっているだけという状況が生まれてしまっている。

 

大介 自分は見れてないんだけど、三島由紀夫の映画が最近あったじゃん。あれ、結局東大生は何が言いたかっていうと、たぶん同じように文句でしかなくて。そのあとに何か作ったかっていうと作ってないんだよね。だけど、三島由紀夫はちゃんと両方知っているから、「天皇を大事にしましょう」と象徴を守りつつも、新しい文化をどう溶け込ませるかって行動していたんだよね。

 

早坂 結局三島由紀夫は右翼ではないんですよ。よく誤解されるんですけど、三島は本当の日本が持っていた思想、精神性が失われているって感じていたわけですよ。それって本当に純日本的な感覚で。それが右翼的な思想だと思われていた原因だと思うんですけど、もっと美しいものを見ていたと思うんですよね。

大介 本当は右も左もない世界が一番いいよね。分ける必要はまったくないっていうか。でも若い人たちがエネルギーを発散するために文句を言うのも大事なことだと思うから、それをまとめようとした三島はすごいなと思っていて。その意見を弾圧しないのがね。だって殺される覚悟で東大に乗り込んでいったんでしょ?ひとりで。超やばいよね、本当に。

 

早坂 すごいことですよね。でもピュアすぎるからこそ、最終的にああなっちゃったんですけど。やっぱりアートだと思いますよ。死ぬことすらアートにしちゃった。

ヤス 瓢げ市も僕の中ではすごい政治で。商売人のやる自己表現は政治だと思うんですよね。国会とか、あっちでやっていることだけが政治ではなくて、普段から自分たちの動きが「全部政治だよね」と思うし、表現を通して、まちをどうつくるか、つくっていきたいかっていうことはすごい意識していますね。自分がやれる政治の関わり方はまさにこういうことだなと思います。

早坂 今このコロナウイルス感染症が広がってから行動することはどうしても政治的にならざるを得ない気はしていますね。だから文句に回っちゃう人もいるし、国のなすがままというか、国が援助してくれるのをただ待っている人もいるし。やっぱりそれがその人のスタンスになっちゃうと思うんですよ。でも何か行動することはそれがひとつの政治的なアジテーションになる。ただ吠えることがアジテーションじゃないと思っていて、自分のスタンスを体現することが=政治だと思います。めちゃくちゃ経済的には苦しいけど、そうやって自分で行動、体現していける環境があることですごくいい世界になっていくんじゃないかなと思いますね。

ヤス いろいろ壊れて、これからつくっていけますよね。

早坂 もちろん亡くなる方もいらっしゃるから、全然いいことばかりではないですけど。

 

大介 けどやっぱりすごい健全な状況だよね。もう一回作り直せる絶好のチャンス。これから落ち着いた時に今までの普通に戻っていたら、もう馬鹿だなって思う。

早坂 本当にそうですよね。

大介 一定数は昔に戻る人もいるのかもしれないけど、それはそれとして自分は違う、別なレイヤーで生きていたいなと思う。それぞれがお互いちゃんと共存しているのが一番いいよね。本当に悲しいけど、わくわくしちゃうのはなんなんだろう。

早坂 なんなんでしょうね。

YAM やっぱり自然淘汰だよね。こういうことが起こったのはもう。

早坂 たぶん人類が直面しないといけない、直視しなきゃいけないことが起こっているということですよね。

 

YAM 時代が変化する境目ごとに、こういうサイクルがあるじゃない。それがちょうど今きている。こういう状況だからこそ、今までよりも一歩踏み出した考えが持てるというかさ。例えばテクノロジーを使った何かとかね。

早坂 僕たちはそういう状況で生き残っていかなきゃいけないわけで。別に国の援助を待っている人を批判するつもりはないんですけど、待っている人達も巻き込んでいきたいっていうか。「こういうことやっているよ」って行動している誰かを見た時に、「じゃあ俺も参加したい」って人が現れてもいいと思うんですよ。別にそれが儲かっているかどうかは別として、とりあえず待たないで動こうっていうスタンスが伝わればいいですよね。

ヤス その風潮をつくっていきたいです。僕はヤンキーを増やせたらいいなと思っているんですよね。

大介 そうだね。ヤンキー文化大事。

ヤス 今ってヤンキーいないじゃないですか。なんかわけわからないけど、中指立ててるみたいなことってすげー大事だなって思っていて。「気に食わねえ」、「それでいいじゃん!」って思うんですよね(笑)。だからこそ何か行動を起こすとか。

YAM いつの時代もそういうやつらが、弾かれながら時代を作ってきたからね。

ヤス アウトサイダーですよね。

大介 ヤンキーはなんだかんだ真面目だからね。朝起きた瞬間にリーゼントにするっていう。もうどんなに疲れててもリーゼントは決めるもんね。本当ヤンキーすげーなって感じだよね。

早坂 ほとんどの人が大勢の中に加わってしまって、カウンターが減っているということですよね。

大介 唯一無二にならないとだめだよね。誰にも気づいてもらえないと埋もれちゃうから、キラッと光る何かを自分で作っていかなくちゃいけない。それが変な話でもよくて、「うんこについては俺に語らせろ」みたいな感じで、突き詰めてうんこ博士になるとか。例えばで言うとさかなくんとかすごいなって。知識があるから全部ネタにできるし、本気だし。なんでもいいから何かひとつに特化するのはいいよね。

ヤス 社会がその仕組みをつくらないんだったら瓢げ市でつくれたらいいなと思っているんですよね。だって、東北ってもっとタレントいるでしょ。表現する場がなかったりするだけで。なんか本当に技術のある人達が多いから、タレントを増やしていきたいなって思いますね。

大介 おもしろいこと一緒にやりませんか?って声を掛けながら、いろんな人を受け入れる多様性はすごい大事だなと思っていて。本当に変な人多いからね。そういう人たちを繋ぐようなことを瓢げ市でやれたらいい。

「宇宙船地球号には乗客はいない。いるのは乗組員(クルー)のみである」バックミンスター・フラー
日頃培った胆力を思う存分に発揮する時。ただ生きるのではなく、よく生きること。パッションが合言葉だ。

東北独立

ヤス 東北独立って無理なんですかね。

大介 勝手に言っちゃえばいいんだよ。

ヤス なんかもうちょっと東北の隣の県同士何かおもしろいことやる、とか。県の事業に関わることもあるんですけど、やっぱりそういうのって自分たちのことしか考えてないですもんね。いやいや隣の県もいいとこあるでしょ、みたいな。もっと東北、北東北3県とか、県同士で組んでひとつの事業をやるとか、もうちょっと大きな動きとして何かやれたら、もっとおもしろくできることはいっぱいあるのになって思うんですよね。

 

大介 自分はその境界線をなくしていきたいと思うから、今までいろんな場所に行って、どこでも「あの人いつもいるね」っていう印象をつけられるように意識してる。場所と場所をつなぐ、媒介役みたいな感じになりたいなと思っていて。だから八戸の「はっち市」の仕事させてもらったり。岩手のハブ的存在になれたら本当幸せだなと思う。そういう役目は行政では無理だから、どんどん個人でやるしかないよね。

早坂 行政は縦割りですからね。横にはならないと思う。首長同士がそういう考えを持っていないと無理だと思うので、民間でやるしかない。

ヤス でも事が進むのが早かったり、やれる規模が大きかったり、行政と民間ではささる部分が全然違うじゃないですか。だからそこを少しでもいいものにしていけないかなと思って、公務員の人たちとも関わっているんですけどね。

早坂 民間で広がっていって、行政が拾わざるをえない動きをつくればいいんですよ。

大介 俺は今までずっとアンダーグラウンドが楽しいとかかっこいいとか思ってやってきてたんだけど、さっき言った通りポップグラウンドをいかに掴むかっていうのは重要で。自分のアイデンティティとかやっていることは崩さずに、ポップグラウンドの人達も欲しているものを提示できていくといいよね。早坂くんが言っているのは本当にその通りだと思う。実例をどんどんつくっていきながら、それがいいって思ってもらうしかないっていうか。

ヤス 手柄そっちのでいいんでやらしてください、みたいな。それがいいふうに回せたらいいですね。

大介 今一番トップにいる人って実はヒーローになりやすい世の中なんだけどね。安倍さんなんか「この人すげー!優しいな」って思ってもらえる立場なんだけど、自分の言葉持っていないから弱いよね。棒読みだもん。誰かが作った言葉を。それはだめでしょ、響かないなって思うもんね。とっとと自分の給料とか資産を「これ使ってください」って言ったらもうそれだけでヒーローだよ(笑)。

ヤス 今なんて一番目立つのに。

大介 「今までみんなの世話になったので、これ使ってください」ってやったら「この人すげー」ってなるよね。やれるチャンスじゃんって思うもん。

ヤス それは別に国会だけじゃなくて、市町村でおきててもいいわけじゃないですか。今は動かない市長は動かないし、動いているところは動いているし、っていう状況。明暗がすごい分かれているなって思っていて。これが選挙に響いたらいいなって思いますね。

早坂 響いたらいいですよね。やっぱりみんな見ているし。

ヤス もっとみんな脅したらいいと思うんですよね。覚えてろよっていう(笑)

早坂 10万円支給もいち早く根回しをちゃんとやっていち早く出そうとするところと、全然なにも手をつけられていないですっていうところがはっきり分かれているじゃないですか。自分が暮らしている行政区がどんな人がトップでどんな行動力があるかっていうのはすごくわかる機会になったと思いますね。自分の住んでいる場所がいい場所かそうじゃない場所かっていうのが、すごいはっきり実感できる。

ヤス 東京の小池さんとか大阪の吉村さんとかは上手く今の状況を使ってますよね。次の選挙に向けて。実際何もやっていないのに、テレビに出てそれっぽいことを言って、露出を増やしている。維新は維新の選挙層に響く強気なやり方で、とか。

早坂 選挙の票に反映させるっていうのは政治家として正しいやり方ですよね。それはちゃんと結果が伴わないとだめで。それに僕たちが票を投じるっていうのが民主主義の正しいスタイルだと思うので、民意がちゃんと動いていってくれたらいいなと思います。ごめんなさい、そろそろお店のオープンなので、ここらへんで大丈夫ですか...?こういう話ができて本当によかったです。

ヤス もちろんです。早坂さん、今日はありがとうございました!

<初編はこちら>

<中編はこちら>